Kakumae OS-8 オールハカランダ

NEW/Kakumae OS-8 オールハカランダ

正真正銘究極のオールハカランダモデル、完成しました!

¥0

  • 在庫切れ

カクマエさんとずっと打ち合わせを続けていたモデル、ついに完成しました!

やるならトコトンということで、ボディだけじゃなくネック・指板・00tuneのブリッジに至るまで、

すべてをハカランダにて製作いたしました。(動画の中でブレーシングもハカランダといっていますが、すいませんブレーシングはハカランダではありません)

音色は思ったより硬くなりすぎず、それでいてコーンと抜けるまさにハカランダサウンド。

音抜け、ヴォリュームともに素晴らしい仕上がりです。

これぞまさに究極のハカランダモデル、さすがに次はないかもしれません。

というか、さすがに作ってもらえない感じもします。

ですので、ぜひお早目にお問い合わせを!

 

メーカーページ参照↓

Kakumaeのスケールは、言い方を変えれば、一般的なスケールのウクレレの間に入るような設計がなされています。

PIとOSの間には一般的なソプラノが、OSとBCの間には一般的なコンサートが、そして一般的なテナーより少し短いスケールがBCとなっています。

テナーウクレレでは演奏しづらく、コンサートウクレレではサウンドが物足りないプレイヤーはBCがマッチするでしょう。

ソプラノウクレレでは弦の張りが足りないがコンサートは強すぎる。しかし、ソプラノウクレレらしい響きを大切にしたいプレイヤーはOSが合うでしょう。

 

Kakumaeウクレレは一般的なウクレレと比べて約20mm短いスケールで設計されています。

短いスケールによってテンション感(弦の張り)が柔らかくなり演奏性が向上しました。また、フレットの間隔も近くなったことでも演奏性を向上させることができました。

 

Kakumaeが開発した「00Tune」はウクレレのイントネーションをより突き詰め、不快な和音の響きをクリアにすることが出来る、これまでにない画期的なシステムを搭載したブリッジです。

「00Tune」はエレキギターのようにドライバー1本でサドルを前後させることができるので、弦のゲージを変更した際もオクターブチューニングを簡単に合わせることができます。この機能により正確なイントネーションをいつでも簡単に手に入れるとができます。

http://www.kakumae.jp/