tkitki ECO-S+ Spruce×Jacaranda

★HOLD★NEW/tkitki ECO-S+ Spruce×Jacaranda

tkitki資源有効活用プロジェクトの上位機種!極上個体が入ってまいりました!

¥0

  • 在庫切れ

環境保全・資材有効プロジェクトの上位機種。

製造できるときしか作れないソプラノウクレレオール単板/PEG UPT仕様の1本。徐々に完成してきております。

弊社のやりたかったこの企画、エコロジーウクレレ企画。お陰さまで多数のショップさんからのご注文もいただき益々頑張っていきたいシリーズです。

節などもちろんございますが抜群の弾き心地のウクレレですよ!

 

 

今回の個体はトップがスプルース。

そしてバックにはなんとハカランダを使用!

通常でもなかなか使われることの少なくなった材なので、

エコプロジェクトでなければ、一体いくらになってしまうんだろう…

というこの一本ですが、もちろんエコプロジェクト価格。

この価格でこの個体はまず手に入らないでしょう。

スプルースとハカランダの組み合わせは、ヴォリューム感だけでなく芯のあるサウンドに仕上がっています。

 

毎度お問い合わせを多く頂くシリーズですので

少しでも気になる方はお早目にお問い合わせください!

 

 

eco-tkiとは…

 

大地の恵みで生き生きと育った実りある大地から数十年~数百年かけて成長した木達。

永久に使用できることではないことは私たち楽器メーカーそして皆さまもお気づきだと思います。

現在、楽器業界ではさまざまな取り組みをしているのです。これは会社人として非常に大切なこと。

そして貴重及び希少性からもお客様にもいつかは跳ね返ること(購入価格として)お気づきですか?

先がわかっているのに行動しないことこそ、ナンセンスなこと。

私たちは勇気を持ってたち望みます、そうこちらの企画はエコティキプロジェクト。

なんのプロジェクトか?というと冒頭でもわかるように結局は環境保全・資材有効活用を掲げ、

より材料となる木材を大切にしようという企画です。

綺麗なウクレレ達はそりゃ、いいですよ!でもその中でもまだまだいけちゃうこと、たくさんあります。

今回まず取り掛かったのは工場内、廃棄寸前の楽器の仕掛材この仕掛材を利用してオリジナルウクレレを製造することにしました。

わかりやすくいうと、工場が注文を受け製造する。しかしながら形が違う、途中で木目の節が出てきちゃった。製造中に端っこにヒビが入った。などなど

症状はさまざまですが、とにかくこれ以上なにもできない。そんな材にフォーカスをあてたのです。

ただ製造できる材にも限界がある。

製造できる材料を無駄なく使うことに特化し考えた結果、まずはソプラノモデルだ!

例えば、コンサートタイプやテナータイプの大きさで端っこの部分がNGだった材、その材料は実はソプラノなら製造できそう。

他には、節があって製造ストップ材。節は良い!演奏上に問題がない節ならあえて喜んで。私たちのような木フェチにはきっと喜んでもらえる。

他の他には、ブレーシング(ボディー内部に入っている木のパーツ)この部分が折れてしまった。新品としては材に傷が付いている。

ほどほどに凹凸などは綺麗にすることできますか?ハイ、できます。商品決定!

そんなやり取りを製造側と繰り返し完成するこちらのウクレレはまさにウクレレ界の『エコロジー楽器』です。

今までもスプルース材や圧縮材などに特化した商品はあったと思いますが、ここまでの真のエコロジー商品はなかったのではなかろうか?

これをすることで注目を浴びたい!そんなことではない。限りある資源の中を弊社は精一杯歩んでいきたい。そして共存。

製造にとっては廃棄同然の材をお金に換金すること、そして新たな製作の資金にしてほしい。

そして、製造スタッフの真の心は『こんなに良い素材なのにもったいない』と思っていたのではないであろうか?

ユーザー様に関しては、良質な材 ハイグレードな素材にも関わらず安価な金額で楽しめる。

価格につりあわないハイパフォーマンスなサウンド。

もっとも求めていた求人ならぬ求ウクではなかろうか。

そんなことを思いながらこの商品は完成されました。